やまびこ座の紹介をします


トップページヘもどる

    やまびこ座をよろしく! 
                          劇団からの自己紹介(
代表者 くろだ ひろし)

「やまびこ座」は、大人・青年・子どもがともに演劇を創造、普及する地域の児童演劇集団として1951年に京都市内で発足しました。
 発足後十年たった1960年代に「自分たちのいいたいことを劇につくる」創作劇の上演活動をはじめました。第一作は、当時研究所を卒業した労働者の竹中みゆきさんの『先生うそつかはった』で、二作目が教職員であった くろだ ひろし 作の『きょうだい雲』でした。
 安保・勤務評定・学力テストなどで選別差別の教育行政が、国家権力─警察が国会や学校現場へ導入されたりの中で─によって強行され、日本の平和・主権を守り、民主主義と教育・子どもを守るたたかいの中で創造され普及されました。
それ以降、今日まで、座員全員の手で集団創作劇づくりが続けられています。
1963年11月、東京での第10回子どもを守る文化会議に参加、『夜明けに向かって』を日本青年館で上演したとき、 それまで不文律だった綱領と規約を明文化しました。 紹介しますと
「私たちは “楽しく明るい健康な児童演劇"をつくることによって、新しい社会の新しい力となり、
たえず演劇の学習と創造に心と力をあわせ、美しく豊かな生活をつくりだしていこう。
〇子どもの中にある問題を、大人と子どもが一つになって創造し表現しよう。
〇日本文化の伝統を児童演劇につくりあげよう。
〇私たちを不幸にするすべてのものを打ち破る人間性豊かな活動をしよう。
〇力をあわせ、働き、学ぼう」
    今もこの綱領を基本に、みなさん方とともに 歩み続けたいと思っています。
                           
☆やまびこ座ではいっしょに劇や太鼓の舞台をつくる仲間を、
  活動を応援をしてくれる友の会会員をいつも募集しています。
  一度見学に来てください・・
◎お問い合わせ・連絡先
 〒602-8282
 京都市上京区仁和寺街道千本東入ル西富仲町
 西陣文化センター内
 児童劇団やまびこ座
 稽古場
 携帯 080-6205-2778
 fax075-431-8104
お問い合わせは、メールでも
舞台写真へのリンク
こんな舞台やってます
07年5月現在 けいこ日 時間 げきだん費 対象
劇をする班 水曜日 午後6時〜8時  月5000円

家族割引あり

劇・太鼓の両方に参加できます
原則小学4年生以上
最高70ウン歳以上
    (記録更新中)
土曜日 午後6時半〜8時半
和太鼓班 第一を
のぞく
 土曜日
午前10時〜11時半 小学生以上
 こだま班 ただいま
お休み中
 
幼児から小学3年生まで
その保護者

やまびこ座は
こちらです
『地  図